読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

karutakko-muratanの日記

秋田市で競技かるたをしてます。かるたや日々の諸々を気ままに書き綴ってます。

「料理は科学!」~絶対に失敗しない~☆

 今朝も晴れてます。
今日も旦那様を送ってきました。

さて、今朝作ったお弁当です。 

f:id:karutakko-muratan:20161019101148j:plain

牛串弁当です。
今日も朝の二度寝が出来ませんでした。
ちょっと詰め込み過ぎてゴチャゴチャ感がありますが・・・
久々に内容も!

・牛串
・グルグル卵焼き
・竹輪&レンコンの素揚げ
・茹でニンジン&さやいんげん
・二十日大根の塩ポン酢漬け(蛇腹)
ミニトマト(黄色&赤)
・「贅沢三層仕立ての濃厚クリーミーチーズ」の型抜き
・大葉

チーズは、フィラデルフィアの三層のもので新発売されてCMでも出てますね。
これが分厚くて型抜きすると断面も三層で、きれいなんですよね。
画像ではわかりづらいのですが・・・


さて、昨日の夕飯はこちらです。


f:id:karutakko-muratan:20161019101130j:plain

まずは、オーブントースターに焼いてもらった「ハッシュドポテト」を出しておいて・・・

みんなが席についてからポークステーキ他も登場です!

f:id:karutakko-muratan:20161019101111j:plain


このポークステーキ(ソテー)!
ビーフステーキよりも焼くのが難しい!

失敗しないで焼くコツが3点くらいあります。

・脂身のカットや筋切りのし過ぎをしない
・最初に脂身を下にして肉をたてて脂部分が溶けだすまで焼く
・フタをしないで弱火コントロールで焼く

f:id:karutakko-muratan:20161019114748j:plain

こんな風に(私は、4枚一緒に立てます)立てて焼くと脂身もパリッとします。余分な脂は、拭き取ります。
これで、ポークステーキもお椀型にならずに柔らかく中まで火が通ります。

この方法で焼くようになってからは「肉が柔らかい」と、旦那様も毎回言います。笑
以前テレビでやってたんですよね。

それが本にまとまってました。


弱火コントロールで絶対失敗しない料理

弱火コントロールで絶対失敗しない料理

こちらです。
既に何品か参考にしてお料理していた私は、迷わず購入しちゃいました。

中まで火を通すためにフタをしてしまいそうですが・・・
水分が出て逆に肉が硬くなる原因になってしまうんだそうです。

これで失敗無しです。

さて、昨日のおにぎり弁当も好評でしたが・・・
「包むのが面倒」と言われました。ハハハ

包まなくても保冷バッグにそのまま入れればよいのに~でした。

昨日のお弁当籠はこちらです。


f:id:karutakko-muratan:20161018104223j:plain

中はこんな感じでした。

普通のこちらの方がよいようですね。


今夜はまたまた夜の練習会です。
それまでに色々やっていかなければなりません。

ではでは、今日もステキな1日を~🎶